TOP製品案内UPS/CVCF中容量 > 富士電機システムズ UPS8100Dシリーズ
UPS/CVCF

富士電機システムズ
無瞬断形パラレル
プロセッシング方式

UPS8100Dシリーズ
(15kVA〜75kVA)

 特徴
東芝三菱電機産業システム
常時インバータ方式
TMUPS B200
(7.5kVA〜50kVA)

富士電機システムズ
常時インバータ給電方式

UPS660-Cシリーズ

(10kVA〜75kVA)

山洋電気
常時インバータ方式

SANUPS ASD
(3.5〜14kVA)

サンケン電気
常時インバータ方式

SNUシリーズ
(7.5〜20kVA)

”高効率98%”
    「無瞬断形パラレルプロセッシング方式」を採用。

プラグイン形パワーユニットの多重構成
負荷容量に合せ15kVAのパワーユニットの数を変えて容易に拡張可能 (最大75kVA)

 

交流入力 200,210V±10%以内  50/60Hz±5%以内
交流出力 入力健全時入力電圧に依存  停電時(バッテリ運転時)±1.5%以内
定格負荷力率  0.8(遅れ)