TOP製品案内UPS/CVCF中容量 > サンケン電気 SNUシリーズ 
UPS/CVCF

サンケン電気

常時インバータ方式

SNUシリーズ
(7.5〜20kVA)

 特徴
東芝三菱電機産業システム
常時インバータ方式
TMUPS B200
(7.5kVA〜50kVA)

富士電機システムズ
常時インバータ給電方式

UPS660-Cシリーズ

(10kVA〜75kVA)

富士電機システムズ
無瞬断形パラレル
プロセッシング方式

UPS8100Dシリーズ

(15kVA〜75kVA)

山洋電気
常時インバータ方式

SANUPS ASD
(3.5〜14kVA)

完全無瞬断切替えで出力電圧精度100V±1%以下
入力力率ほぼ1.0を達成、また入力電流高調波対策を実施しクリーンな電源供給を行います。

瞬時制御インバータの採用によりUPSの定格容量に対し、コンピュータ負荷を100%接続することが可能です。

操作表示パネルのLCD表示は、漢字表示や系統グラフィック表示で運転状態や動作記録を分かりやすく表示します。

バッテリの寿命を自動的に診断し、交換時期を表示します。


交流入力 200V、210V±10%
交流出力 1φ2W 100V/200V  1φ3W 100/200V
定格負荷力率  0.8(遅れ)