TOP製品案内UPS/CVCF大容量 > サンケン電気 SPUシリーズ 
UPS/CVCF

サンケン電気
パラレル
プロセッシング方式

SPUシリーズ
(30〜100kVA)

 特徴

東芝三菱電機産業システム
常時インバータ方式
TMUPS E050
(50kVA〜3000kVA)

富士電機システムズ
常時インバータ給電方式
UPS6000Dシリーズ
(100kVA〜1500kVA)

山洋電気
パラレルプロセッシング方式
SANUPS Eシリーズ
(20〜200kVA)
パラレルプロセッシング方式の採用により、高効率97%で業界最少、最軽量を実現。
常時インバータ給電方式のUPSと比べ、発生熱量とCO2の大幅な削減で地球環境に貢献する高信頼UPSです。発熱量も抑えランニングコスの低減が可能です。

 

交流入力 200,210V±10%以内  50/60Hz±5%以内
交流出力 入力健全時入力電圧に依存  停電時(バッテリ運転時)±2%以内
定格負荷力率  0.8(遅れ)