TOP製品案内電源管理ソフトウェアその他 > ISAリモートシェルコマンド
電源管理ソフトウェア
Windows用リモートシェル
  ISAリモートシェルコマンド
 特長
ブラウザでネットワーク上の電源制御
ISA Power Manager
MS-DOS
データ変換ユーティリティ

HPDOS/HPDOS-UX
IBMフォーマット
ファイル変換ユーティリティ

  HPIBM-UX

■ISAリモートシェルコマンド : SP-IRSH-WP1

■ISAリモートシェルコマンドの特長

  • リモートシェルコマンドを標準実装していないWindows上でも使用可能
  • ユーザ名指定機能
  • デバック・モードで、利用ポートなどLANプロトコル上の各種情報を表示可能
  • インストールが不要で、フロッピーベースでも使用が可能
  • Windows用sleepコマンドもパッケージ

■弊社に報告があったWindows標準実装のrsh不具合

  • Windows 2000からrshを大量に送信すると、画面上にウィンドウが残る
      ⇒rshがタイムアウトを検出できない為にこのような現象が起こっているようです。
           ISAリモートシェルコマンドではタイムアウト検出が可能なので、このような症状は起こりません。

  • Windows 2000 SP4で、rshを実行中のコマンドプロンプトウィンドウがフォーカスを失うとrshが終了しない(この現象はSP3では起こらず)
      ⇒この症状もISAリモートシェルコマンドでは起こりません。

■対応OS

2015/12/01時点
  • Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista
  • Windows Server 2012 R2 / 2012 / 2008 R2 / 2008

ISAダイレクトだけのお買い得品!「IRSH DL版」


--------------------
【留意事項】
本ソフトウェアは、弊社の各製品との連携・制御を目的に開発されたものです。
本ソフトウェアと他社製品を組み合わせた場合の動作可否につきましては、申し訳ございませんがお答えいたしかねます。