TOP製品案内 >ネットエッジ「NetEdge」

 
製品ラインアップ温度監視ソリューション製品・保守価格仕様・機能連携製品紹介

ネットエッジネットエッジ

EdgeView5

EdgeView5

ネットで先端情報を高精度で収集
SNMP、PoE、http通信対応の「ネットエッジ」シリーズ     製品カタログ

株式会社アイエスエイは、省エネや環境監視等の目的でネットワークの先端に、様々なセンサーを設置しクラウドサービスや統合監視強化に貢献できる、「NetEdge(ネットエッジ) NE1000シリーズ」を発表しました。

「NetEdgeシリーズ」は、最新のIoT(Internet of Things)技術を搭載し、温度、湿度、アナログセンサーからの情報を監視・判断でき、接点信号の入力監視や出力制御を遠隔から行えます。情報伝達方法は、電子メールを利用すると企業内規約やなりすまし等の危険があるためと既存のシステム監視システムとの親和性からSNMP(Simple Network Management Protocol)を基軸としています。
httpプロトコルもサポートしているため、本体がモニターする情報をスマホやタブレット端末から、簡単に確認できます。
また店舗や公共施設、農業設備などで利用が進む、IPカメラやWi-Fiアクセスポイント機器などをPoE(Power over Ethernet、LANに電源を重畳させる規格)ネットワークでつなぐ環境に、そのまま付加して利用できます。
「NetEdgeシリーズ」は、利用目的に応じた専用の6機種を提供します。これにより、例えば多点の温度監視をしたい、温度と照度からエアコンを制御したい等の要求に、簡単に対応でき短時間で低価格しかも高精度のシステム構築が可能になり、クラウド監視サービスに新たな付加価値を提供できます。


NetEdgeシリーズ本体外観


ネットエッジ ネットエッジ ネットエッジ ネットエッジ
NE1012T/1014H/1016A NE1022A NE1024A NE1026A

製品番号 製品名 備考
NE1012T 2チャンネル温度監視装置 NE10-T1(温度センサ x1 個)または
NE10-T2(温度センサ x2 個)を利用
(別売製品)
NE1014H 温湿度監視装置 NE10-TH(温度センサ x1 個と湿度セ ンサ x1 個)を
利用(別売製品)
NE1016A アナログ信号入力監視装置 他社のアナログ出力センサや
機器を接続して利用
NE1022A 4チャンネル入力接点信号監視装置 接点出力装置に接続して利用
NE1024A 4チャンネル出力接点信号制御装置 接点入力装置に接続して利用
NE1026A 2チャンネル入力2チャンネル
出力接点信号監視・制御装置
接点出力、接点入力装置それぞれに接続して利用

オプション品(温度センサ/湿度センサ)  NetEdge本体と同時購入した場合は、同梱でのお届けとなります。

NE1012T用 NE1014H用
NE10-T1 温度センサ(1個セット) NE10-T2 温度センサ(2個セット) NE10-TH 温湿度センサ(各1セット)
ネットエッジ ネットエッジ ネットエッジ

※温度センサNE10-T1を2個ご検討の場合は予めNE10-T2(温度センサ2個セット)をご注文下さい。
※温度センサNE10-T1をご購入済み、追加にて温度センサをご検討の場合は確認事項がございます。ご注文前にお問合わせ下さい。


  1. NetEdge(ネットエッジ) NE1000シリーズの特長
    データセンター 活用例
    データセンターでは、ラックごとの温度監視が求められています。近年のラックは積載密度が上がり、温度監視が以前にも増して緊急の課題になってきています。「ネットエッジ 温度センサーモデル」は、ラック内エアフローの入口と出口温度を、注意温度、警告温度を設定し常時監視し、既存の運用監視システムと連携でき、多点温度監視を簡単に付加できます。また付加工事の際にもPoEネットワークを構築することで、工事費の削減に寄与します。
    オフィス・店舗 活用例
    オフィスや店舗では、「ネットエッジ 温度センサーモデル」と「ネットエッジ アナログセンサーモデル」につなげた照度センサーと「ネットエッジ 接点出力制御モデル」を組合せ、冷やしすぎ暖めすぎを監視したり、自然の明るさから照明電力を遠隔制御するシステムが簡単に構築できます。これらの機器は、IPカメラやWi-Fi AP用に構築されたPoEネットワークにそのまま付加でき、短時間に工事を終えることができます。
    IT農業 活用例
    農業施設では、IT化による生産性の向上が進んでいます。ハウス内の温度分布と最低・最高温度の監視、外気送風機器や暖房装置との連動、温度、照度センサーによる各種機器の制御など。「ネットエッジ シリーズ」は、統合監視システムへの先端情報収集機器として貢献できます。
    公共施設 活用例
    学校等では、校庭や体育館での部活動の際、熱中症対策は学校向けクラウドサービスの付加価値になり得ます。校庭や体育館内での温湿度監視、照度監視。これらを収集し地域の気象データと照らし合わせ、注意や警報をその場にいる部員に直接知らせる。「ネットエッジ」の温湿度センサー、アナログセンサー、接点出力制御モデルの組合せで付加価値のあるクラウドサービスが実現できます。

NetEdgeと警子ちゃん4GX連携による温度監視ソリューション


NetEdgeシリーズの温度監視専用機種であるNE1012Tとネットワーク警告灯を組み合わせた構成をご案内します。
(他のNE1000シリーズでも同じような構成で利用できます)

1.基本機器構成


2.NE1012Tの設定 警告灯へSNMPトラップを送信する設定は2ヶ所だけで完了します


3.【解説】NE1012Tが送信するSNMPトラップ


4.警子ちゃん4GXで監視するSNMPトラップ一覧


5.警子ちゃん4GのSNMPトラップ監視設定


6.温度対策ソリューション構成例

 ①NE1012Tが温度異常を検知
 ②NE1012Tが警子ちゃん4GXへSNMPトラップ送信
 ③警子ちゃん4GXの警告灯が動作
 ④警子ちゃん4GXが管理者へメール送信
 ⑤警子ちゃん4GXがDN-3100Aへコマンド送信
 ⑥DN-3100Aの接点出力制御が作動
 ⑦館内警報器が作動
 ⑧接点入力制御PDUの出力がONになり電力供給開始
 ⑨温度異常エリアの空調対策を開始

NetEdgeと警子ちゃん4GX連携による温度監視ソリューション


モデルタイプ 型番 希望小売価格(税別)
2チャンネル温度監視モデル(PoE電源用) NE1012T-P 29,800円
2チャンネル温度監視モデル(AC/PoE電源両用) NE1012T-A 33,300円
温湿度監視 各1チャンネルモデル(PoE電源用) NE1014H-P 36,800円
温湿度監視 各1チャンネルモデル(AC/PoE電源両用) NE1014H-A 40,300円
アナログ入力信号監視2chモデル(PoE電源用) NE1016A-P 39,800円
アナログ入力信号監視2chモデル(AC/PoE電源両用) NE1016A-A 43,300円
接点入力信号監視4チャンネルモデル(PoE電源用) NE1022A-P 39,800円
接点入力信号監視4チャンネルモデル(AC/PoE電源両用) NE1022A-A 43,300円
接点出力信号制御4チャンネルモデル(PoE電源用) NE1024A-P 39,800円
接点出力信号制御4チャンネルモデル(AC/PoE電源両用) NE1024A-A 43,300円
接点入出力信号監視制御 各2chモデル(PoE電源用) NE1026A-P 49,800円
接点入出力信号監視制御 各2chモデル(AC/PoE両用) NE1026A-A 53,300円
※各種センサーはオプション(別売)です。
温湿度センサ 各1個セット(NE1014H用) NE10-TH 18,000円
温度センサ 2個セット(NE1012T用) NE10-T2 16,000円
温度センサ 1個セット(NE1012T用) NE10-T1 8,000円
ACアダプタ(AC電源対応化用) NE10-ADP 3,500円

NE1000シリーズ 保守サービス 型番 希望小売価格(税別)
先出しセンドバック修理保守料【単年度保守】
※単年度保守は、購入後1年目2年目にてご契約となります。
HNE1000-K1 6,800円
先出しセンドバック修理保守料【5年保守パック】
※製品本体と同時購入が前提となります。
HNE1000-K5 21,000円

NetEdge温湿度モデル(NE1012TまたはNE1014H)専用の温湿度監視ソフトウェア 型番 希望小売価格(税別)
EdgeView5使用ライセンス PC1台分、NetEdge最大5台分まで
無償体験版より引き続きご試用いただく為のライセンスとなります
SP-EV5-L 29,800円
EdgeView5メディア CDROM媒体(30日間無償体験版)
NE1012TまたはNE1014H出荷時に標準添付
SP-EV5-M 1,500円

NetEdgeシリーズ配送料についてのご案内
ご注文合計金額が10,000円(税抜)未満の商品配送につきましては、別途送料2,000円(税抜)が発生いたします。ご注文時にご確認いただきますようお願いいたします。