ユースケース/導入例 窯業

ユースケース/導入例 窯業

美術陶芸制作窯元

課題間伐材を利用して伝統に則り自然な風合いを完成品に求める窯元。窯内部の温度上昇、焼成過程の監視、窯出しまでの温度管理など、経験を温度管理でデジタル化し、窯守りの作業に集中したい。Wi-Fi方式の温度計測を試したが、確実に要員詰め所まで電波が届かない。窯から要員詰め所までの距離は100m。
解決策要員詰め所にWD100-S32を設置し、複数ある窯の内部温度を熱電対温度計測ユニットで計測。計測ユニットは10年バッテリ搭載で電気工事不要。LoRa通信方式なので、100m程の距離は混信・切断なくデータを送信。窯内部温度データは、LTE回線でクラウドサービスに一定時間間隔でアップされ、24時間居ながらにして窯の温度状況を把握。

炭焼き窯元

課題材料となる木材の種類や出来上がりの炭の種類を、経験と勘で行っている。数日間炭窯に付きっきりの作業だが、煙や炎の状態と合わせて内部温度を計測し適宜窯の内部を把握したい。作業要員詰め所から炭窯までの距離は200m。
解決策作業要員詰め所にWD100-S32を設置し、炭焼き窯の内部温度を熱電対温度計測ユニットで計測し、LoRaで通信。計測ユニットは10年バッテリ搭載のため新たな電源工事は不要でメンテナンスフリー。窯の内部温度データは、LTE回線でクラウドサービスに一定時間間隔でアップされ、24時間居ながらにして窯内部の状況を把握。