IoTセンサデバイス用長期間バッテリ駆動電源回路評価ボードEB100 新登場 !!

IoTセンサデバイス用長期間バッテリ駆動電源回路評価ボードEB100、新登場 !!
– LoRa、Sigfox等のLPWAセンサ装置開発に最適 –
IoTデバイスの要の技術、LPWA(省電力遠距離無線通信)を採用するセンサデバイス開発用として、長期間間欠動作するための塩化チオニル・リチウム電池を利用した電源回路開発評価キットEB100を、12月1日から発売します。
本製品は、株式会社エムネット(東京都文京区本郷、代表取締役社長 羽田野 憲士)様を通して販売します。

塩化チオニル・リチウム電池評価用ボードEB100は、LPWAで注目を浴びるLoRa無線方式センサデバイスやSigfoxセンサデバイスで塩化チオニル・リチウム電池を有効に用い、間欠動作で10年以上稼働する電源回路を開発するためのキットです。
通常は数年で電池交換が必要な機器も、本キットを利用することで稼働時間を飛躍的に延ばす電源回路の開発ができます。
本キットは、弊社が6月に発売を開始した「ももことあやか」WD100シリーズの電源回路を設計をもとにしていて、市場で実績のあるものです。

塩化チオニル・リチウム電池 評価ボードEB100 紹介