「HACCP制度化」準備はお済みですか? 「ももことあやか」で早めの対策を!

食品の衛生管理、環境監視では、施設内にある冷蔵庫・冷凍庫や有人の作業環境の管理と、機器の予防保全の観点から温湿度監視の重要性が増してきています。2018年6月、食品衛生法改正案が国会で可決され、生産者から消費者まで一貫した「食の安全・安心」を提供する仕組みである「HACCP」の導入が、2020年までに原則として全ての食品等事業者に対して求められることになりました。そこで、HACCP対策として、ももことあやかを導入するメリットを紹介。温度管理の徹底による、食中毒の発生防止にも、ももことあやかをご活用ください!

HACCP対策 2020年のHACCP義務化に向けて、早めの対策を!